食べ放題 儲かる 理由

食べ放題のお店が儲かる理由について

昔と比べると食べ放題のお店がだいぶ増えましたね。閉店している店も少ないことから、食べ放題のお店が儲かるらしいということがわかります。儲かる理由は何かあるのでしょうか?

 

その理由のひとつに、食べ放題のお店が客に人気があるからというのがあります。特に、ディナーは通常メニューだが、ランチのみバイキングを行っているという店は、お得感があるように思え、人気です。

 

現在、食べ放題市場では、1,500円前後の店が主流です。
1,500円のランチバイキングでお店が儲けを出すには「原価率」が鍵になってきます。原価率30%を達成して、ある程度の客数が確保できれば、利益が出ると考えられています。

 

ランチ食べ放題の店で原価率30%を達成するのは、そう大変なことではありません。その理由は大量仕入れを行っているためです。
また、ランチバイキングの店は、基本的にセルフサービスなので、従業員の数が少なくてすみ、人件費が抑えられるというメリットもあります。
さらに、使い切れなかった材料を処分する必要がないというのも、大きなメリットです。メニューは柔軟に変更できるので、使い切れなかった材料は、次の日のバイキングメニューに回せばいいのです。

 

ディナーが通常メニューの店の場合は、ディナーでランチ以上の利益を出すことも可能です。例えば、お酒の原価率が低いことは有名な話。客がたくさんお酒を注文してくれれば、店はかなりの利益を出すことができます。ビールやワインをたくさん飲みたくなるよう、ディナーではかなり塩味を効かせたメニューを提供している店が多いようです。

スポンサーリンク

 

page top