食べ放題 バイキング ビュッフェ 違い

食べ放題とバイキングとビュッフェの違いについて

食べ放題、バイキング、ビュッフェ。どれも同じ食べ放題のことを示しているように思えますね。どうやら店の雰囲気によって、どの表現が使われるかが決まってくるようです。

 

食べ放題焼肉、しゃぶしゃぶ、などに多い
バイキング → イタリアン、フレンチ、和食、ケーキ、などに多い
ビュッフェホテルなどに多い

 

一般的な認識はこんな感じだと思います。
しかし、食べ放題、バイキング、ビュッフェ、これら3つは、全く同じものではないのです。
では、これらにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

食べ放題とは

日本語。定額の料金を支払って、好きなものを好きなだけ食べる方式です。

 

バイキングとは

和製英語。食べ放題と同じく、定額の料金を支払って、好きなものを好きなだけ食べる方式です。
バイキングは英語では「Viking」と書きます。ヨーロッパのスカンディナヴィアの海賊、またはその地域の住人のことを意味します。
なぜ日本では、バイキング = 食べ放題 になったのかというと…現在の食べ放題のスタイルは、北欧のスモーガスボードというスタイルがモデルとされているため、「北欧といえばバイキング」というイメージから名付けられたという説が有力です。

 

ビュッフェとは

フランス語のbuffetから来ている言葉です。テーブルの上に料理をまとめて置き、客はそこから自由に取っていくスタイルです。「ビュッフェ」にはさまざまな方式があり、注意が必要です。

  • 本来の意味は、食べ放題ではなく、好きなものを取ってその分の料金を精算するという方式です。
  • 「ビュッフェパーティー」というものが存在します。規模の大きい会社の忘年会、仕事上の懇親会などです。この場合、テーブルの上にさまざまな料理が並んでいるのですが、「なくなったら補充されるタイプの食べ放題」ではなく、「出席人数よりやや少ない人数分の料理を並べている」可能性が高いです。食べ過ぎないよう注意しましょう。
  • 「定額の料金を支払って、好きなものを好きなだけ食べる方式」のビュッフェも存在するようです。店の人に確認してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

 

page top